ネット

鳩が建物に住み着くようになると、最初に気になるのはハトの糞です。
ハトの糞は、窓や建物につくと落とすのに時間がかかります。また、建物の高いところにとまっていると、そこで糞をして通行人の頭上に糞が落下してしまうというケースもあります。
また、ハトが住み着くようになると、ハトが別の仲間を呼んでくることもあります。そのため、住みやすいところにはどんどんハトが増えていくこともあるので、ハトが住み着かないように早めに対策をしておく必要があるのです。

ハトよけの対策としては、建物にネットを張ることです。このネットには特殊な加工がされており、外から見ても建物の美観をそこまで損ねないようになっています。
また、建物のサイズに合わせてネットを作成するので、見た目に遜色ない作りにできるのです。

ハトよけの対策は、害虫駆除を行っている業者などで行われています。害虫とは、人間にとって直接的、あるいは間接的に害を与える昆虫です。例えば、蚊は人間の血を吸ってかゆみを残していきます。また、ダニも人間血を吸いますし、ゴキブリは見ている人を不快な気持ちにさせます。そして、シロアリは床下の木材を食い荒らすので、住まいにとって害を与える虫となっています。

このように、ハトや害虫というのは、状況によっては駆除しないといけない時があります。駆除というのは追い払うという意味なので、必ずしも命を奪うことを意味しているわけではありません。